個人事業主にとって、青色申告は切っても切り離せないものであり、税金を安くすることを考えれば絶対にしておきたい確定申告の1つとなっています。そもそも確定申告には白色申告、青色申告の2つがあります。青色申告のメリットとしては、最大65万円の控除を受けることができるというものがあり、複式簿記による記帳をやり、それでいて損益計算書、貸借対照表などを作れば65万円の控除ということになります。

また、青色申告をすると赤字を繰り越すことができます。仮に赤字になったとしても、最大3年間はそれを繰り越すことが可能です。つまり、ある年にとんでもない赤字になってしまい、翌年から数年、それを挽回するような黒字になった場合、その時の赤字を繰り越して黒字幅を圧縮し、税金を安くするということが可能になります。一方、個人事業主の場合、家族が従業員として働くケースがあります。本来であれば、簡単に経費にすることはできませんが、青色申告の場合には条件を満たせば経費として給与を計上することができます。白色申告でもそれはできますが、上限があり、経費にできる青色申告とは大きな差があります。また貸倒引当金を経費にするということもできます。この場合も白色申告でもできますが、白色申告の場合は、相手に支払い能力がないなど回収できない可能性が非常に高い場合のみ経費という形で処理できます。青色申告はこうした条件がありません。

もちろん、それだけのメリットを享受する以上、用意しなければならないものなどが多く、面倒であることから青色申告を始めてやる場合には税理士への相談が必要です。弊社の徳島市の税理士事務所グローバル句アクティベーションでは、そうしたところで無料相談を始め、何を用意すればいいかなどを確認し、用意するというのも大切です。また確定申告をするにあたり、翻弄にこの書類でいいのか、書式に不備はないかなどを見てもらう、計算をしてもらうといったことをお任せするのも大切です。