徳島県の税理士 税理士制度の淵源

 税理士制度の淵源は古く、1897年(明治30年)まで遡ることができます。
ご承知の通りわが国の税制は明治以来、大正、昭和初期に至るまで地租を中心に組み立てられてきました。その一方では、時代の進展とともに所得税、相続税、営業収益税、法人税などの新税が相次いで導入されました。それにともない税務処理も年々複雑化してきたため、税に詳しい人々によって商工業者などの納税事務を手伝うシステムがつくられました。その最初が1897年に誕生した「国税業同盟会」で、それが1906年(明治39年)に至って「税務代弁人」制度に変化しています。さらに1942年(昭和17年)に至ると、この制度が発展的に改組され「税務代理士制度」が誕生しました。
 現在の税理士制度はこの税務代理士制度が源泉となっており、その誕生の日(2月23日)を税理士記念日と定めています。以来、税理士制度は編成寄与の歴史を積み重ね、今に至っています。

徳島県の税理士 廣田保夫税理士より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です