路線価方式と倍率方式

路線価方式と倍率方式

宅地の評価方法には、①路線価方式と、②倍率方式 があります。

(1)路線価方式
市街地にある宅地の価額は、路線価(その宅地に面する道路につけられた価格)をもとに 評価額を計算します。
路線価方式による評価では、路線価図を使います。税務署に行けば誰でも閲覧することが できます。   実際の評価額は、この路線価に宅地の立地や形状に応じた一定の調整率(補正率・加算率) などによる修正を加えて宅地の評価額を算出します。

※土地の間口、奥行き、地形等で利用しにくい土地はにより評価が低くなります。逆に、二つの  路線に面している角地などは、土地の利用価値が高く、評価も高くなります。

(2)倍率方式
都市郊外の地域で路線価が定められていない地域については、固定資産税評価額にそ の地域ごとに定められている一定の倍率を掛けて計算します。 倍率表は国税局が毎年見直し をしており、公開されています。 国税庁の路線価図・評価倍率表はこちらです。