相続時精算課税制度のメリット・デメリット

相続時精算課税制度のメリット・デメリット

 

1.メリット

(1)贈与により取得した財産の価額は、相続時に再評価されるわけではなく、   あくまでも贈与時の価額によるため、将来値上がりが予想される財産につ   いてはこの制度を選択した方が有利となります。
(2)本制度は受贈者が別々に贈与者である父、母ごとに選択できます。

2.デメリット

(1)上記とは別に、将来値下がりする財産は不利となります。
(2)通常の贈与税での基礎控除額110万円は非課税であるが、本制度での贈与税の特別控除額は非課税ではなく、相続時に課税されるので、課税の繰り延べである。従い、本制度では非課税枠が使えなくなります。