建物の評価

建物の評価

建物の評価は、原則として倍率方式で評価を行い、その倍率は1.0倍です。
固定資産評価額掛ける1、つまり固定資産評価額がそのまま相続税の評価額となります。
固定資産評価額は、毎年固定資産税を納付している通知書に記載がありますので、その通知書より確認することができます。
建物と一体となっている電気設備や、給排水設備などは、固定資産評価額に含まれているものとして評価します。 建築中の建物は、かかった費用の70%で評価します。
家屋の評価額= 固定資産評価額 × 1.0倍
建築途中の家屋の評価 = 費用現価の額×70%