相続税基礎控除額

相続税基礎控除額

基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)
例)課税価格の合計額が7,000万円で相続人が2人の場合 基礎控除額=3,000万円+(600万円×2相続人数)=4,200万円 となるので相続税かかります。

評価額が基礎控除を超える場合でも、
税務上の特例(配偶者の税額軽減、小規模宅地等の特例計算)があって、相続税がかからないケースもあります。
ただし、この場合には税務署に相続税の申告を行うことが条件になります。

相続税の申告は、すべての相続で必要なわけではありません。
相続する財産の総額が一定額を超える場合に、申告して相続税を納めることになります。

相続税がかかる人は100人中で4~5人程度
となっています。

評価額が基礎控除を超える場合でも、
税務上の特例(配偶者の税額軽減、小規模宅地等の特例計算)があって、相続税がかからないケースもあります。
ただし、この場合には税務署に相続税の申告を行うことが条件になります。

相続税の申告は、すべての相続で必要なわけではありません。
相続する財産の総額が一定額を超える場合に、申告して相続税を納めることになります。

徳島県の相続税の申告義務があるのはは100人中で7~8人程度
となっています。