会社を設立するときには多くの方法があります。一番ポピュラーなのは株主から出資金を募って開業する株式会社ですが、もう一つ合同会社という形態もあります。どのような会社にしていくのかによってどちらがいいのかは変わってきますので、違いをきちんと把握しておく必要があります。

徳島県で会社設立を考えているなら知っておいて損はありません。
株式会社と合同会社、両者で一番大きく異なるところはものを中心とするのか、人を中心とするのかというところにあります。株式会社は株主から出資金を集めてその資金を活用して事業を行います。そのため、どのくらいの出資金を出したのかによってその会社に対する影響力が決まってしまいます。一番株を持っている人が一番影響力を持つということです。

合同会社は初期に大きな出資金を必要としません。人材とノウハウ、この2つが合同会社の大きな武器になります。そのため、出資金をいくら出したのかというところで会社への影響力が決定するわけではありません。その人の持っている技術が影響力を持つようになるため、技術が高い人ほどその会社の中でパワーを持つこともありえるのです。

会社の行く末を誰に決めさせるのかというところを自分たちが決めることが出来るのが合同会社の大きなメリットだといえるでしょう。
この2つの形態にはそれぞれデメリットも存在します。株式会社の場合は、役員に任期があるところです。ずっと同じ役員にしておくことが出来ないので、家族経営で事業を行いたいときには株式会社は向いていません。合同会社の場合は、認知度が低いことです。この形態は元々欧米でよく使われていたものでしたが、まだ日本で使われるようになってから間もないです。ですので、他の形態と比べてしまうとどうしても信頼度が劣ってしまいます。そのため、相手の企業によっては取引を制限されてしまう可能性があります。
株式会社にするのか合同会社にするのかはよく考えてから決めましょう。